【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。



【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:07 4 2021

アンチエイジングには、睡眠の質が重要だと言われていますが、
シェイプアップにも同じことが言えるんですよね。

健康的にシェイプアップをしたいという方は、
間食やカロリーの高いご飯を摂らないようにするだけでなく、
夜更かしもしないようにすることが大切です。

特に注意したいのは、
肌のゴールデンタイムと言われている、
22時から深夜2時までの時間には、
ぐっすり眠っていることです。

この時間は、
体質のダメージも回復するので、睡眠がきちんとできれば、
体質も免疫力が高く、カロリーも円滑に消費される体質になっていきます。

起きていて動いている方が、カロリーを消費しやすいのは事実ですが、
睡眠の時間は「痩せやすい体質」を作る時間です。

22時から深夜2時までの時間に眠っていることは、
成長ホルモンが活発に分泌されてるので、
免疫力をアップさせる効果もあるのです。

免疫力がアップするということは、
それだけ基礎代謝も上がりますから、
痩せやすい体質になっているということです。

さらに、13時に摂ったカロリーよりも、
よるのカロリーのほうが蓄積しやすいので、
シェイプアップをしている人は、
よるのカロリー摂取は敵だと思った方が良いでしょう。

仕事で夕食が摂れなかった時など、
ウエストがすき過ぎて眠れない場合は、豆乳ココアをお勧めします。

ココアは、血糖値が緩やかに安定するので、ウエストも満足しますし、
豆乳には美肌効果がありますから、良いことづくめなのです。

豆乳やココアが苦手な人は、
果物を生で少量を食べるのであれば、
消化に酵素を使わないので、睡眠に入る体質に負担をかけませんよ!