【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。




【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:01 8 2020

人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母であるなら
我が子どもがどんな身体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母として当たり前の反応なのである。

これが夫になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

女の子が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
息子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
奥さんが思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
奥さんも夫も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子どもが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子どもは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも父親も母も
「子どもが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子どもは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
子どもが非常に可愛い顔をしているからである。

実は子どもが非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子どもが非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親は子どもをとことん可愛いがることによって、
子どもは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。



【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:01 8 2020

人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母であるなら
我が子どもがどんな身体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母として当たり前の反応なのである。

これが夫になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

女の子が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
息子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
奥さんが思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
奥さんも夫も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子どもが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子どもは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも父親も母も
「子どもが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子どもは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
子どもが非常に可愛い顔をしているからである。

実は子どもが非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子どもが非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親は子どもをとことん可愛いがることによって、
子どもは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)いつもの裸眼で見えるようになるレーシック