【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。



【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:10 4 2021

ぐっども〜に〜んんん(テンション低ぅ

「いろんなものを少しずつ」
これは、日本人にはもともと馴染みのあるご飯方法です。

まず「一汁三菜」。
主食のごはんに、主菜1品、副菜2品を交互に食べる…
というのが日常的な日本人のご飯でした。

また、
お茶の世界で始まり400年以上の歴史を持つ懐石料理は、
ごはんや魚、野菜料理などが様々に楽しめ、
その季節に最もおいしい旬のものを、最もおいしい状態で、
おいしいと感じるご飯量を提供するものです。

おせち料理もそうですよね。
魚や肉、野菜、卵、海草、豆、お芋と
24時間に摂取したい食品群が
バランスよく美しくお重に納まっています。

平安時代に年初めの朝廷行事で
神様にお供えする料理から始まったのですが、
神様をお迎えする三日間、
女たちが煮炊きをする必要がないように作る
保存食としての意味合いが大きくなっていきました。

今でも、家族が顔を合わせて
新しい年の幸せを祈っていただく大切なご飯の習慣です。

幕の内弁当に代表されるお弁当も、
「いろんなものを少しずつ」の代表といえます。

文字通り芝居の幕間に食べやすいように、
さまざまな素材、味つけ、食感のものを彩りよく詰めたお弁当には、
多品目をバランスよく…という知恵とともに、
日本人ならではの
ご飯に対する繊細な美意識も受け継いできたのではないでしょうか。

家庭でも、子供や家族の毎6時のお弁当づくりは大変!
でも、連日のことだからこそ、バランスに気を配りたいものです。

「今日は何が入っているかな」「ちゃんと食べてくれたかな」
そんな無言のやりとり。

お弁当を開けたときのうれしさ、
きれいにたいらげられたお弁当箱を洗う歓び…

お弁当は
家族のご飯のコミュニケーションツールでもあります。

今日はおしまい!!!