【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。
レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。



【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しようブログ:29 3 2021

1週間位前、遅い主人の帰宅を待ちかねて、
子ども達と3人で夕方食のテーブルを囲んでいた時のこと。

8歳になる女の子が、
ちょっと思慮深げに
「天国はどこにあるの?」と言い出した。

学校で宇宙について勉強しているらしく、
太陽系のほかにも同じような惑星がたくさんあって、
宇宙はとてつもなく大きいという事を習ったと話してくれた。

女の子は、このとてつもなく大きい宇宙の何処まで行ったら、
天国にたどり着けるのかと不安を感じたのであろうか?

10歳になろうとするむすこは、
「やっとそういうこと考えるようになったの?」
とでも言っているかのように、
黙っていもうとの顔を見ていた。

「天国はここだよ」と
地図を見せるわけにもいかない。

そこであたくしの方から子ども達に聞いてみた。
「あなた達は天国に行けるの?」 

すると子ども達から
「いい子だから行けるよ!」
との答えがかえってきた。

あたくしはもう少し突っ込んだ質問してみようかな…と思っているうちに、
何故かすぐに話題は
「犬は天国に行けるか?」へと移ってしまった。

そういう話の本を読んだ事があるという。
「じゃあ、うちのジョンも天国に行けるの?時々悪い事するけど…」
と言ってみた。

我が家の犬ジョンは、お世辞にも頭のいい犬とは言えない。
そんな彼でも、人の気を引くために、
やってはいけないと分かっている事をやって、
怒られるという芸を時々するのである。

あたくしがこう説明すると、
むすこは「そうそう」とうなずき、
あたくしが言わんとしている意味がわかっているかのごとく、
「どうかなぁ〜」と答えた。